「敷金110番」アパート・マンション退去時の駆け込み寺
そもそも敷金(保証金)とは、あなたのお金なので、本来、返還されて当然なのです

 これまでアパート等を退去する時には、敷金を返してもらえないばかりか、クリーニング代や原状回復費用などの追加費用を請求されて、泣く泣く支払っていた方が多かったことと思います。しかし、決して泣き寝入りする必要はないのです。そもそも敷金(保証金)とは、あなたのお金なので、本来、返還されて当然なのです。

 どうして泣き寝入りをしなくてよいのか、どうすればお金を取られずに済むのか、あるいは敷金を取り返すことが出来るのか、HPを読んでいただけば理解出来ると思います。大家さんの常識が法律の常識ではないことがわかって頂けるでしょう。大手の管理会社だから、安心(関係ない)と思っていてはいけませんよ!

敷金の定義

一般に敷金とは、『 賃借人が借りた家屋を明け渡すまでに生じた賃貸人に対する一切の債権を担保するものである 』と定義されています。

敷金返還問題が生じるわけ

賃貸人と賃借人の間で敷金に対する認識が違うため、 いざ退去する時点になると、敷金返還問題が発生してしまいます。

原状回復義務とは?

原状回復義務とは、賃借人自身が設置した家具やエアコンを取り除き、次の入居者が入居できるような状態に戻す義務のことを言い、決して部屋を新品同様に綺麗にする、というものではありません。

これって、どっちの負担?

退去時のいろいろな費用について、家主負担か借主負担か、どっちの負担になるのかをお教えします。

家主負担のもの

家主(大家さん)が支払わなければならない費用の一覧です。本来家主が払うべき費用でも、退去時に借主に請求するケースが多いので気をつけましょう。

借主負担のもの

借主(退去者)が支払わなければならない費用の一覧です。借主の故意や過失で傷付けたようなものは、借主負担でも仕方ないですね。